治療の始まりは診断から

がん治療のはじまりは診断で、診断の前段階はがん検診や健康検診であることがほとんどでしょう。健診自体はがんを診断するものでなく疑いの人を見つけて精密検査を受けてもらうのが目的になります。そのため、検診をうけて要精密検査となっているのなら、放置せずに、病巣はどこにあり、どのくらいの大きさで、どこまで広がっているのか、本当に悪性の腫瘍なのかあるいは転移はないか適切な診療をおこなうための診断をまずは受けましょう。

最終的にはカンファレンスで決定

がんの診断というのは臓器ごとに適切な方法があり、大腸や胃など消化管は内視鏡、肝臓がんは超音波、肺がんはCTという具合で、診断に関しては日本はもっとも進歩していて世界から注目を浴びているのが内視鏡診断でしょう。機械の技術にくわえ、医師が病巣を診る技術もトップレベルなのですよ。モニターでみれるので、他の医師たちも確認でき、その場での診断も正確性が増しています。しかし、主治医と放射線診断医のなどの所見でステージが決まることはなく、カンファレンスでデータを基にして検討し、治療前のステージが決まり、それに応じた治療方針が確定するのです。

病理医なしには治療が必要かどうかも決められない

ところで、最初につげられるがんのステージというのは本当のステージではありません。ステージの確定は術後でその役目を担うのが病理医です。病理医がいなければ実はがんだと確定診断もできないどころか、手術でがんが切除できるかどうかすら判断もできないので、治療方針の決定には大きくかかわっているといえるでしょう。さらに、切り取られた病巣の周りを素早く検査する病中神速診断をおこなってくれるのも、病理医で、このような縁の下の力持ち的存在の医療従事者もいることを覚えておきましょう。

がんが転移する、というのはがん細胞の一部が血管やリンパ管を通じて別の臓器へ移動し増殖しているという意味です。