治療内容によって微妙に変わります

実は、美容整形と美容医療の違いって、微妙なんです。よくいわれるのは、メスを使って外科的手術をするのが美容整形で、手術以外の方法で施術するのが美容医療だとの指摘ですが、この境目が徐々に曖昧になってきているようです。例えば、目を大きく見せる場合、まぶたをメスで切開したり、いわゆる埋没法で治療しても、外科的な治療になるので、美容整形の範疇に入ります。これに対して、豊胸や鼻を高くする際に、ヒアルロン酸を注射する、というのは美容医療分野だといわれていますが、実際には、同じクリニックで処置されていることが多いのです。

医師と看護師の役割の違いも

例えば、手術を行うのは、純粋な医療行為ですから、当然、ドクター、つまり医師が行いますが、美容医療の代表的な一つである、永久脱毛の場合、最初に医師が問診を行ったうえで、看護師が実際の施術を行う、というケースもあります。ちなみに、永久脱毛は、医療機関以外の、エステサロンなどでも施術されていますが、レーザーなどの医療機器を使用する脱毛治療は、医療機関でしか行えませんので、注意が必要です。つまり、同じ美容関連治療でも、医師でしか行えない治療と看護師が担当する施術作業がある、ということも知っておくことが大切です。

よく理解したうえで、使い分ける

このように考えると、美容整形クリニックに行く際、担当の医師やスタッフとよく相談し、自分に合った治療について十分納得したうえで治療を受けることが、極めて重要です。美しさというのは、主観でかなり左右されますから、治療を受ける側と治療する側との意識のずれが生じないよう、よく話し合うことが必要なのです。美容整形に関する技術は、日々進歩しています。今後は、再生医療の最新技術も、美容分野にどんどん導入されることが期待されています。利用する側としては、美容整形と美容医療を上手に使い分ける知識を持つことが求められています。

デリケートゾーンの黒ずみが気になる場合は、脱毛サロンで施術を受けることをおすすめします。デリケートゾーンの施術に評判の良いところを探しましょう。