心臓病はガンに次ぐ、危険な病気です

心臓病は最近、日本人にとても多い病気です。日本人の死因の大きな割合を占めています。トータルで見るとやはりガンが死亡の大きな要因を占めていますが、心臓病は、それに次ぐ、死因となっています。現代人は、仕事のストレスや乱れた生活で、不規則な生活を送りがちですので、常日頃から健康的な生活をおくるように心がける事が大変重要となってきます。健康管理は、自分や大切な家族を守る為にとても重要な要因ですので、加齢と共に意識していきましょう。

心臓病を予防するには食生活の改善から

サラリーマンの方でも、ある年齢になってくると、肥満や体の不調を訴える事が大変多くなってきます。特に、管理職の方は多忙な中、心身共に疲れる日が多いと思います。このような中、仕事の付き合いで飲酒量が多くなると、心臓病の原因となり易いです。また肝機能にも障害をきたす場合が多いので、充分な注意が必要です。酒のつまみとして考えられている塩分の濃い食べ物も体調に大きな影響を及ぼすので、程々にしておくべきです。

心臓病には適度な運動と睡眠がとても重要です。

心臓病予防には、適度な運動や、規則正しい睡眠がとても重要となります。忙しい毎日を送っていると中々運動等に時間を割く事は難しいですが、休みの日は可能な限り、適度な運動を心掛けましょう。有酸素運動は、体の血流を改善する効果がありますので、継続する事で大きな効果を実感できます。代表的な運動として、ランニングや水泳がありますが、また睡眠もとても重要な要素です。毎日の規則正しい睡眠が、健康的な毎日の秘訣ですので、必ず一定の睡眠はとるようにしましょう。

大動脈弁狭窄症は大動脈弁口の狭窄によって全身に血液が十分に送られなくなる病です。最近では高齢者の方では大動脈弁が硬くなり開きづらいケースが増えて来ています。