歯医者は直す時代から予防の時代へ

歯医者に行く目的は一昔前までは虫歯の治療というのが一般的だったでしょう。しかし、最近では予防歯科の考え方が広まったことによって歯医者に通う理由が虫歯治療だけではなくなりました。虫歯になったり歯周病になったりしてしまって失ってしまった歯は元に戻らないということが広く認知され、いかにしてそういった病気を予防するかということに主眼がおかれるようになりました。そのための歯の健康診断やクリーニングのために通う人が増えているのです。

歯の健康の維持に必要なブラッシング

歯の健康を維持するために必要なことは実は単純です。歯科で歯医者の指導を受けられるのは基本的にはブラッシングの方法であり、虫歯や歯周病にならないための正しい磨き方をすればほぼ問題がないのです。それで除去できなかった汚れからできてしまう歯石やバイオフィルム等を除去するために定期的に歯科に通ってきれいにしてもらえば何の心配もないというのが現在の予防歯科の基本的な考え方です。ブラッシングをマスターすることが歯の健康を保つ基本なのです。

ブラッシングの取りこぼしのカバーも大切

ブラッシングをマスターすることで80%程度のきれいさを実現することができるというのが通説であり、実際にはわずかな取りこぼしをカバーすることが必要になります。そのために役立つのがデンタルフロスや歯間ブラシです。歯の間の隙間は歯ブラシでは届かないことが多いため、汚れが残ってしまいやすい場所となっています。それが原因で歯石やバイオフィルムができてしまうことが多いため、そこをきれいにできるデンタルフロスや歯間ブラシを併用することでより高い予防効果を期待できるのです。

根幹とは、歯の神経や血液などが入っている所のことです。根管治療とは根幹の死んだ細胞などを取り除く治療です。この治療により歯を抜くことなく助けることができるので一生歯を使い続けるために重要な治療です。