わきが・多汗症の治療に新技術が登場!

わきがや多汗症で悩んでいる方はいらっしゃいませんか。それらの治療方法として最も効果があり確実で、保険適用もされる治療法が「剪除法」です。わきのシワに沿って2~3cmほど切開して皮膚を反転させ、においの原因となるアポクリン腺を直接目で見ながら取り除いていくという方法です。あまり目立ちませんが傷が少し残る人もいます。術後の再発はほとんどみられません。そんななか新たな技術が注目をされています。わきを切ることなく治療をすることができる「ミラドライ」です。

半永久的に効果あり!

ミラドライは切らずにわきがや多汗症の治療を行う最新の治療器です。マイクロ波エネルギーを利用として、アポクリン腺やエクリン腺を根本的に破壊します。破壊された汗腺は再生しません。そのため、半永久的に効果のある治療法です。施術時間はクリニックによって違いますが、1時間半程度が平均です。そしてダウンタイムを必要としないので、施術日から入浴も可能ですし、日常生活に全く影響を与えません。そして施術を行うのは効果や安全性を高めるためにミラドライ認定医が行います。

ミラドライ施術での注意点

ミラドライで注意が必要な点をご説明します。人によっては術後に腫れがみられる場合があります。1週間程度から長い方では2~3ヶ月腫れる場合があります。気になる場合は、医師に相談をしましょう。そして、ミラドライは保険の適用がされていないため、全額負担となります。金額はクリニックによって異なりますので、事前に問い合わせましょう。また、免疫抑制剤などの薬を服用している方や妊娠の可能性があったり妊娠中の方、乳がんなどでわきの下の手術を受けたことがある方はミラドライが受けられない、もしくは延期して実施となりますので、カウンセリングをしっかりと受けてください。

ミラドライは、最新のワキガ治療のひとつとして捉えられており、身体への負担が掛からずに症状の改善が見込めます。